So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

梅雨入り 関東甲信、東北南部も 平年より遅く(毎日新聞)

 気象庁は14日、関東甲信、東北南部が梅雨入りしたとみられると発表した。昨年と比べ関東甲信で11日、東北南部で10日遅く、平年より4〜6日遅い。

 今年は沖縄などで5月6日に梅雨入り後、偏西風の蛇行の影響で梅雨前線が北上しづらい状況が続き、各地の梅雨入りが遅れていた。先週末ごろから徐々に太平洋高気圧の張り出しが強まり、次々に梅雨入りしていた。

 梅雨入りした各地で今後1週間はぐずついた天気が続く見通し。

 東京都文京区の白山神社と隣接する白山公園では、西洋アジサイなど約3000株のアジサイが8分咲きとなっている。梅雨入りした14日朝も、傘をさして紫の花を楽しむ姿も。開花は例年より約10日遅く、ここ1週間ほどが見ごろという。【飯田和樹】

【関連ニュース
梅雨入り:関東は14日か
梅雨入り:四国、中国、近畿、東海、北陸で平年より遅く
梅雨入り:九州と山口 九州南部は平年より14日遅く
梅雨入り:遅れて来週前半? 11日?
梅雨入り:四国から東海で 関東甲信はきょうにも

わいせつDVD27万枚押収=24店摘発、37人逮捕―警視庁(時事通信)
樽床伸二国対委員長会見詳報(1)(産経新聞)
大手銀行に機関誌購読要求=容疑で「総会屋」逮捕―警視庁(時事通信)
裁判員裁判「速やかな審理を」=地裁幹部らに最高裁長官(時事通信)
「政治とカネ」に触れず…所信表明演説(読売新聞)

みんなの党推薦・元中日の岩本氏、町長選に当選(読売新聞)

 愛知県大治町長選が30日、投開票され、元プロ野球中日ドラゴンズ選手で前町議の岩本好広氏(50)(無所属=みんなの党推薦)が、現職の小林隆氏(75)(無所属)ら2人を破って初当選した。

 岩本氏は隣接する名古屋市の河村たかし市長の政策を取り入れ、町民税の10%減税などを訴え、支持を広げた。

 当選が決まった岩本さんは、同町堀之内の事務所に集まった支持者に深々と頭を下げ、「政策重視でやってきた。責任の重さを感じており、改革の一歩を踏み出したい」と述べた。選挙では合併問題が最大の争点となったが、他の2人が「あま市」との合併を訴えたのに対し、岩本さんは名古屋市との合併を主張した。

 さらに、みんなの党の渡辺喜美代表の等身大写真パネルを事務所に置き、同党から参院選愛知選挙区に出馬予定の薬師寺道代氏の応援を受けるなど、選挙戦では同党推薦を前面に出してアピールした。

 岩本さんは愛知県立半田農業高を卒業後、社会人野球を経て1982年、阪急ブレーブス(現オリックス)に内野手として入団。87年に中日に移籍した。90年に引退するまで通算393試合に出場。91年から3年間は中日の走塁コーチを務めた。

鳩山首相、福島氏を罷免(時事通信)
<脱税>社長在宅起訴、著名絵画の売却益申告せず 津地検(毎日新聞)
元警部補ら 放置車両を無断廃棄 知人業者に依頼 大阪府警、書類送検へ(産経新聞)
秋葉原17人殺傷第11回公判 救護の男性が出廷(産経新聞)
兵庫・須磨沖で保護した迷いマンボウ その日に死亡(産経新聞)

民主マニフェストに目立つ矛盾 消費税トーンダウン(産経新聞)

 民主党の参院選マニフェスト(政権公約)を検討する政府と党の「マニフェスト企画委員会」は14日、平成23年度予算編成について、22年度の新規国債発行額(44兆3千億円)以下に抑制することなどを確認した。菅直人副総理・財務相が唱える財政再建路線を容認した形だが、消費税については13日の「増税明記」から「消費税を含む抜本的な税制改革」と一転してトーンダウン。方針が定まらないまま、昨年の衆院選マニフェストに続いて再び“危うい財源論”が露呈した。(山田智章)

 同企画委は14日も、前日に引き続き財政健全化のほか、子ども手当や農家の戸別所得補償など主要政策について協議した。

 23年度以降、次期衆院選までの予算編成については「本年度の新規国債発行額を上回らないことをベースにし、歳出の削減、マニフェスト項目を検討しつつ結論を出す」との見解で一致した。

 これは菅氏が12日の政府・民主首脳会議で、23年度当初予算の新規国債発行額を、22年度以下に抑えるよう提示したことを踏まえた結果で、「当面の参院選よりも財政規律を重視」したともいえる。

 だが、14日の企画委では、消費税増税について「次期総選挙後に抜本的な税制改革を実施」することで合意。13日の同委の会合後、細野豪志副幹事長が「次の総選挙後の消費税増税はしっかり明記する」とした方針からわずか一夜での大幅な後退となった。

 その背景には、党内から消費税増税明記に対する反発や、「消費税」が突出して参院選で争点化することへの懸念がある。

 「消費税は22%になるよ。ギリシャよりも1%多くね。民主党政権内に消費税上げろという閣僚がいるご時勢だから」。執行部の中にすら、ギリシャの財政破(は)綻(たん)に絡めて増税を訴える菅氏を皮肉る声が上がっている。

 マニフェスト議論は、国債発行では財政規律重視、消費税では選挙重視と、財政論で「アクセルとブレーキを同時に踏む」という事態に陥っている。

 矛盾はこれだけにとどまらない。目玉政策だったはずの子ども手当については、財政状況によっては衆院選公約の「子供1人あたり2万6千円支給」の減額もあり得るとの方針を確認。その一方で、農家への戸別所得補償は「23年度からの本格実施を目指す」との認識で一致し、骨格維持を打ち出した。危機的な財政の中で歳出削減に努力する方針も掲げているものの、党内には衆院選マニフェストの大幅な修正には慎重意見も根強いのだ。

 マニフェスト策定作業は、仙谷由人国家戦略担当相と高嶋良充筆頭副幹事長が共同委員長を務める企画委が、20日までに鳩山由紀夫首相や小沢一郎幹事長らで構成する「政権公約会議」に公約原案を提出する予定だ。このままだと民主党は、財源の手当てもなく実現性の薄い見かけ倒しのマニフェストを再び国民に示すことになる。

【関連記事】
盟友「鳩と菅」にすきま風 首相の座めぐり微妙なさや当て
内閣支持率19.1%「国民がいらだちを強めておられる」
民主党選挙制度検討委、参院定数40程度削減
代案なき反対は「無責任」 普天間問題でアーミテージ氏
家計に重い「16.5万円」 消費増税 民主が公約化検討
少子化を止めろ!

皇后さまがご給桑(産経新聞)
移送のアホウドリが巣立ち=小笠原・聟島(時事通信)
3歳長女の首絞める=殺人未遂容疑で夫婦逮捕―大阪府警(時事通信)
8歳女児刺され重傷、32歳女を逮捕 大阪・東住吉(産経新聞)
おなかの下から初めまして、ペンギン赤ちゃん(読売新聞)

<将棋>封じ手は「4四銀」 名人戦第3局(毎日新聞)

 羽生善治名人(39)に三浦弘行八段(36)が挑む第68期名人戦七番勝負(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第3局は7日、千葉県野田市の同市民会館(旧茂木佐邸)で2日目の戦いが始まった。

 2連勝とリードする羽生が三浦を一気に追い詰めるか。三浦が対羽生戦の連敗を12で止め、押し返すか。三浦にとっては早くも正念場といえる一局だ。

 三浦、羽生の順に対局室へ入り、両雄が再び向かい合う。立会の石田和雄九段が羽生の封じ手を「4四銀です」と読み上げた。

 同じ横歩取りでも、第1、2局よりは穏やかな展開となった本局。このままじっくりした将棋になると、三浦の1歩得が生きてくる可能性がある。羽生の4四銀は先手の飛車の動きをけん制しながら、攻めをうかがった一手だ。

 三浦はじっくり考えて、3六飛と歩を守った。羽生は5筋の位を取る。三浦は6八銀と自陣を引き締めた。【山村英樹】

【関連ニュース
将棋:久保王将「楽しみながら努力」 就位式に300人
将棋:羽生3連覇か、三浦初奪取か…8日から名人戦第1局
将棋:羽生が38手目封じて1日目終了 名人戦第3局
将棋:3度目の横歩取り 名人戦第3局
将棋:鋭い攻め 羽生が連勝 名人戦第2局

迷走招いた鳩山首相の「言葉の軽さ」…その8カ月間を追う(産経新聞)
ホステスは16歳=風営法違反でスナック摘発−大阪府警(時事通信)
粉もん新定番? うどんギョーザ 高槻で人気(産経新聞)
走行音装置付けたEV体験=視覚障害者「車いるの分かった」−国交省(時事通信)
首相動静(5月11日)(時事通信)

【健康】ストックウオーキングで全身運動 体への負担少なく効果大(産経新聞)

 クロスカントリースキーのように両手にストックを持って歩くウオーキングが注目を集めている。ノルディックウオーキングやストックウオーキングなどと呼ばれ、普通のウオーキングよりも腕の筋肉を積極的に使うことで全身運動に近い動きとなり、消費エネルギーも増加。ストックでの転倒防止も図られ、ほぼすべての世代を通じて効果的な運動が可能だ。健康増進のためにも歩きませんか。(太田浩信)

 日本ストックウオーキング協会(東京都世田谷区)は、大学の研究者などが中心となってストックウオーキングによる健康への効果について、科学的な実証研究などを行っている。本部長の木村直人日体大教授は「この方法だと体の負担、精神的な負担を増すことなく、運動強度を上げることができる」と説明する。

 ◆重心移動の速度増す

 木村教授らが行った普通のウオーキングとストックウオーキングとの比較実験で、起伏の少ない市街地4・3キロを20代前半の男性10人が歩いたところ、ストックウオーキングの方が約5分短縮。心拍数も1割程度多くなった。しかし、筋肉内に蓄積すると疲労の原因となる乳酸の値に変化はなく、自覚的疲労度も違いはなかった。

 「ビデオの画像などから解析すると、明らかにストックを使った方が歩幅がグンと伸びたことが分かった」と木村教授。ストックで体を前に押し出すことによって前方への推進力が増大したためで、「結果的に楽に歩くことができる。ストックを使用することで、体への心理的・生理的な疲労をほとんど増すことなく、運動の効率を高めることが可能になる」(木村教授)。

 ◆気が向いたら歩く

 ストックをどのように使って歩けば効果が上がるのか。

 木村教授は「ストックをただ杖(つえ)のように使うのではだめです。手でしっかりと後ろに押し出してきちんと体が動かせるようにすることによって、ストックの効果を最大限引き出すことができる」とアドバイスする。歩く場所も起伏が激しかったりでこぼこしたところはあまり向かない。都会の舗装されている周回コースなどの方が一定のリズムで歩き続けることができ、効果があるという。

 「競技ではないので、人とスピードを争うものではない。自分で一番楽なスピードで歩くことにストックを使うことでプラスアルファがある」という意識を持つことも大切という。そのうえで、長く続けるコツとして「毎日ノルマを課すと続けるのがつらくなる。1日1回、気が向いたら家の周りを歩くことから始めたらよい」と話している。

                   ◇

 ■長さは「身長×0・7」

 ストックを使ったウオーキングは、北欧で盛んなクロスカントリースキーが発祥。選手たちが夏のトレーニングとしてストックを使った歩行を始めたことがきっかけとされ、欧米を中心に広がった。

 ウオーキング用のストックはスポーツ用品店で購入できる。外国製の専用ストックは実勢価格で1万円台から2万円台が中心。木村教授は「ストックは身長に0・7をかけた長さが適切。専用のものでなくてもスキーのストックにストックウオーキング用のゴムを付けたものでも構わない」と話している。

JR東海7人、私鉄無賃乗車=IC乗車券の記録消去(時事通信)
偽2000円札5枚両替、73歳無職男を送検(読売新聞)
刺し傷、5人に計44カ所=強い殺意か、愛知一家殺傷−県警(時事通信)
<ミシュランガイド>東京版に横浜と鎌倉を追加 11月発刊(毎日新聞)
政権半年の実績、アピールへ=政府(時事通信)

<温室ガス>削減目標達成しても2割増 独研究チーム試算(毎日新聞)

 各国が国連に提出した20年までの温室効果ガス削減目標を達成しても、排出量は現在より最大2割増加するとの試算をドイツの研究チームがまとめた。目標数値が低い国が大半を占めるほか、目標達成に森林吸収分などを考慮することで、結果として増加を容認することになるという。22日付の英科学誌ネイチャーに掲載された。

 昨年12月の国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)でまとめられた「コペンハーゲン合意」では、先進国に20年までの削減目標、途上国に削減の取り組みを同条約事務局に提出するよう求めた。今月13日時点で76カ国が削減目標などを同条約事務局に提出。日本は90年比25%減、欧州連合は同20〜30%減、米国は05年比17%減−−などとなっている。

 研究チームは各国の目標などから20年時点の排出量を試算した。「削減した」とみなされる森林吸収分などを考慮した場合、目標より実際の排出量が上回るため、先進国全体の排出量は90年比6.5%増の199億トン(二酸化炭素換算)。途上国分(294億トン)や国際航空、船舶などからの排出量も含めると最大計536億トンで現状比2割増になる。目標に幅のある国が最も厳しい数値を選び、国内の努力だけで削減した場合、先進国全体では157億トン(90年比15.6%減)と排出減を達成できる。だが、途上国での増加が続くことなどから、世界全体では現状比約1割増の479億トンになるという。

 同合意では世界全体の産業革命前からの気温上昇が2度未満にとどまるような大幅削減を目指している。だが、同合意に基づく各国の目標を達成しても今世紀末までに50%以上の確率で上昇幅は3度を超えると予測している。【大場あい】

【関連ニュース
◇ニュースがわかる◇温室効果ガスを減らそう/1 まとまるか?「京都」後の約束
◇特集◇環境のページ
家畜:放牧が温室効果ガス抑制? 草原放出量…独研究
温室効果ガス:08年度 京都議定書の目標かろうじて達成
温室効果ガス:排出、インドネシアの熱帯雨林から? 北大など研究

次代に伝える刑事魂 元警視庁捜査1課長、久保正行さんが本出版(産経新聞)
きらやか銀行員、横領容疑で逮捕=被害総額は7700万円−山形県警(時事通信)
ネットで教育語ろう 文科省が掲示板設置(産経新聞)
新党なんて関係ない、えらい迷惑と舛添氏(読売新聞)
フィギュア 織田選手、同級生と結婚へ(産経新聞)

山崎さん帰還、1日延期の恐れ=アンモニアタンクに不具合(時事通信)

 【ヒューストン時事】米航空宇宙局(NASA)は14日、山崎直子さん(39)らが搭乗したスペースシャトル「ディスカバリー」の地球への帰還予定日が、現在の19日から1日延期となる恐れが出たことを明らかにした。15日にも結論を出す。
 NASAによると、山崎さんらが滞在する国際宇宙ステーション(ISS)を冷却するアンモニアタンクと、アンモニアを加圧して押し出す窒素タンクをつなぐバルブが開かない不具合が見つかったという。 

【関連ニュース
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
〔写真特集〕アポロ11号

村本さん無言の帰国…警視庁、銃弾の傷確認(読売新聞)
火山噴火 関空ローマ便が出発便再開へ(毎日新聞)
恒久的市民税減税 議会に条例改正案 河村名古屋市長(産経新聞)
裁判員対象除外を申請=暴力団幹部の爆発物事件−弁護人「負担を考慮」・高知(時事通信)
鳩山政権が増税路線に転換? 財務省の思惑チラリ(産経新聞)

高級の逆襲 ブランド・百貨店、「良さ」PRで生き残り(産経新聞)

 高級ブランドや百貨店が新しい手法で独自の技術や品質を強調し、ファストファッションや低価格商品に対抗し始めた。ブランドイメージというあいまいな基準が、価格にシビアになった消費者から敬遠されつつある中、独自の取り組みで他社との差別化を目指している。(小川真由美)

 伊勢丹新宿店(東京都新宿区)は今月6日まで、仏クリスチャン ディオールのかばんと宝飾品の製作実演会を開催。ディオールが一般向けの実演を行うのは創業以来初の試みだ。本館1階でキャリア50年の職人が1日3回、木型に沿って革を裁断したり、縫い付けたりする作業を披露。神奈川県鎌倉市の主婦(55)は「かばんにかける手間暇を知って値段の高さに納得した」と話す。

 伊勢丹では実演は主に紳士物で実施し、婦人物でしかも海外の高額商品では珍しい。MD統括部インターナショナルの宍戸賢太郎バイヤーは「うんちく好きは今や男の特権ではなく女性にも多く、不況下でも予想以上の手応え」。事実、かばんの売り上げは新規顧客が通常より多く、実演が販売実績に直結した格好だ。

 高島屋大阪店(大阪市中央区)は先月2日のリニューアルで、高級ブランドを同一フロアに集めた。男女のアイテムを並べて販売するほか、インナーや小物など雑貨を近くに置いて全身の着こなしを提案。売り上げは前年同期比で33%増(先月29日現在)と好調だ。MD本部の星野裕司部長は「今の富裕層は高額品と低価格品を使い分ける。ブランドや価格帯を超えた売り方が必要」と話す。

 一方、伊エミリオ・プッチは京都市の職人と共同で最高級の絹糸を使った西陣織の帯を製作した。曲線と幾何学模様で構成される独特のプリント柄を1年7カ月かけ、全通(帯全体に柄があるもの)の帯に再現させた。この帯を機にブランドを知った人が少なくないという。権藤嘉江子日本法人社長は「ブランドの伝統を従来と違う形でアピールできた」と満足そうだ。

 三陽商会(東京都港区)は自社ブランド「SANYOコート」の紳士コートで分散していた価格帯を見直し、低価格群と約10万円の高級ラインに大別。高級ラインは工程を従来の160から200に増やし、衿など細部の縫製を手作業で行い、機械では難しい仕上がりを実現した。昨年比で倍の売り上げを目指す。

 監修のデザイナー・滝沢直己さんは「安くてそこそこ良いものが増えた今、『ものすごく良いもの』しか売れない」と指摘する。

 ■ディオールCEO 高い技術見せる時期

 伊勢丹新宿店での製作実演会に合わせて来日したクリスチャン ディオール クチュールのシドニー・トレダノ社長兼CEOにその狙いを聞いた。

 −−世界初の製作実演会をなぜ日本で行うのか

 「ファストファッションが広がる中、今こそわが社の持つ高い技術を見せる時期だと思う。優れたデザイナーの世界観を商品で表現するのが熟練の職人。卓越した技は人を感動させる。高い品質とサービスを知る日本が最適だと判断した」

 −−低価格に対抗できるか

 「われわれのターゲットは富裕層中心で市場が違う。高級ブランドで今後生き残るのは歴史と伝統、時代に流されない真の技術と革新性を持つ企業だけだろう。百貨店は親子連れも多く、今回は次世代へのアピールにもつながる」

 −−日本へのメッセージは

 「人生には数々の試練があるが、世界的に日本は先進的で強い国。もう少し自信を持ってよいのでは。人生を大いに楽しみ、買い物をたくさんしてほしいな」

【関連記事】
鉄ちゃん必見、10万円模型も登場 京阪電鉄100周年展
ヤマダ“駅前侵攻”を加速 池袋の次はヨドバシの新宿
北海道物産展でダントツ人気の“ほろよい豚” 札幌に移住した名物バイヤーが開発
変わる百貨店の物産展 ネット通販と連携、格安弁当も
7千万円売りつけた百貨店…高齢者狙う有名企業の高額販売

外国人参政権、慎重検討論相次ぐ=意見集約は見送り−知事会(時事通信)
小沢幹事長の訪米中止、米の激怒から 「大統領は会わない」(産経新聞)
中国死刑執行見通しで首相「残念だがいかんともしがたい」 法相は刑事手続きに疑問(産経新聞)
阿久根市 運営巡り議員怒鳴り合い…市議会特別委(毎日新聞)
<名張毒ぶどう酒事件>再審開始決定取り戻したい…弁護団長(毎日新聞)

東西線で男性突き落とし、60歳男現行犯逮捕(読売新聞)

 東京メトロ東西線の大手町駅(東京千代田区)で乗降客をホームから突き落としたとして、警視庁は2日、神奈川県綾瀬市深谷中4、職業不詳中保純一容疑者(60)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。

 発表によると、中保容疑者は同日午後5時50分頃、同駅ホームで、千葉船橋市の男性会社員(44)と体がぶつかったことに腹をたて、男性を線路に突き落とした疑い。男性は駅員にホームに引き揚げられたが、右足首の骨を折る重傷。同庁幹部によると、中保容疑者は酒に酔っており、調べに対し、「殺すつもりはなかった」と供述しているという。

本番たのしみどすえ 「鴨川をどり」衣装合わせ(産経新聞)
新規2型糖尿病治療薬ビクトーザ、4月保険適用は見送り(医療介護CBニュース)
<金星探査機>「あかつき」打ち上げのH2Aロケットを公開(毎日新聞)
谷垣総裁 自民執行部の刷新を拒否(スポーツ報知)
闇サイトに「ネットハンター」=潜入捜査、違法行為を摘発−専従班設置へ・警視庁(時事通信)

<東京地検>立川支部検事を減給処分 被害女性と不適切交際(毎日新聞)

 東京地検は31日、公判を担当した事件の被害者女性と不適切な交際をしたとして、地検立川支部の神林(かんばやし)周平検事(35)を減給3カ月(100分の10)の懲戒処分にした。神林検事は同日辞職した。

 地検によると、神林検事は09年、職務上の必要がないのに女性と飲食するなどしたという。立場を利用した交際ではなく、公判で女性に有利な発言をすることはなかったという。発覚の経緯は明らかにしなかった。神林検事は02年10月任官、09年4月から立川支部で勤務していた。

 大鶴基成・次席検事は「検察官の職務の公正に疑念を与えかねない行為で、誠に遺憾。国民の皆様に深くおわびする」とコメントした。【大場弘行】

<和歌山強盗殺人>牧野被告の無期懲役確定へ 上告棄却で(毎日新聞)
アフガン、邦人フリージャーナリスト誘拐か(読売新聞)
手配写真を更新=日本赤軍メンバー−警察庁(時事通信)
沖縄の理解に全力=鳩山首相(時事通信)
<訃報>竹山広さん90歳=歌人(毎日新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。